一瞬で自動彩色を完成できるAIツール|Top10レビュー

自動彩色の応用のシーン

深度学習などのAI技術は絵画や画像の色づけの分野で大きな役割を果たすようになっています。手動で線画や白黒の写真を色彩豊かな作品に仕上げるのはずいぶん時間がかかります。

人工で着色したものと着色前のものの事例を教師データとして、機械を訓練させた結果、AIも絵画や写真に対して自動彩色をしてごく自然な着色の結果を生み出すことができます。AI自動着色は色づけ作業の効率の飛躍に多大に寄与できます。

現在では、線画の色づけと古いモノクロ写真の修復において、実用性の高いAI自動彩色のサービスすでに広く運用されるようになっています。しかも多数は無料です。今回はそういうツールを10個紹介したいと思います。

 

Part1: 線画、手描き絵の自動彩色のAIツール5選

1. Style2Paints

タイプ:ソフトウェア

料金:完全無料

対応の画像タイプ:油絵、線画、手描きの絵などの絵画

Style2Paints

Githubで公開する自動彩色のAIプロジェクトです。デスクトップのソフトウェアと詳細のチュートリアルもGithubで提供しています。

現在最高のAI駆動の線画カラー化ツールと自賛するこのオーペンソースのAIプロジェクトは、実際の人間のワークフローを真似して線画を色付けする最初のシステムだそうです。

以前の画像から画像への変換方法とは異なり、style2paints V4(最新バージョン)は、色づけた画像のレイヤーを出力できます。プロの着色作業の効率向上には非常にプラスです。

ここのページにアクセスして最新バージョンのV4.5のクライアントをダウンロードできます。

 

2. petalica paint

タイプ:オンラインツール

料金:完全無料

対応の画像タイプ:線画、手描きの絵

petalica paint

etalica paintは完全無料のオンライン自動彩色のサービスです。ユーザーが自分で描いた線画や絵をこのサイトにアップロードしたら、数秒の内、自動着色された絵画を入手することができます。

当サイトは三種類の自動彩色のスタイルをユーザーに提供しています。それぞれ、たんぽぽ、さつき、かんなです。自動彩色をした結果はお好みに合わない場合、原稿で色と大まかな領域を指定すれば、AIが即座に着色後の絵の色合いを自然に変更することができます。

AIで自動彩色を正確的に行うことができるほか、原稿のスタイルを変更することもできます。「パンダ」と「しろくま」という二つのスタイルから選べます。

 

3. Pixiv Sketch

タイプ:オンラインツール;スマホンアプリ

料金:完全無料

対応の画像タイプ:線画、手描きの絵

Pixiv Sketch

Pixiv Sketchは完全無料の手描き作成のサービスです。ブラウザを使ってオンラインで絵を描くことができるほか、Pixiv Sketchのアプリを使って携帯で絵を描くこともできます。AndroidとiOSの両システムでも使用できます。

自動彩色の機能は中の一つの機能です。原稿を完成した後、「自動着色」のボタンをクリックして、三つの彩色スタイルの一つを選ぶと、一瞬に自動彩色を完成できます。2017年の頃、Petalica Paintと連携関係を築いており、その自動彩色の機能はPetalica Paintが提供しているものです。

Petalica Paintの使い方と同じように、自動着色された絵のカラーマッチを変えようとするなら、大まかに変更の色と領域を指定すればいいです。あとはAIが十分な自然さで再着色を実行できます。

 

4. Clip Studio Paint(クリスタ 自動彩色)

タイプ:パソコンソフト

料金:5000円或いは毎月500円(pro版)

対応の画像タイプ:線画、手描きの絵

Clip Studio Paint

Clip Studioは数多くのファンを持っている本格的な描画ソフトウェアです。イラスト、漫画、アニメの作成などの様々な場面で用いられています。2018年11月29日、AI自動彩色の機能を追加しました。クリスタ 自動彩色は原理の上でpetalica paintやPixiv Sketchとは結構似ていますが、より高いレベルで自動彩色のプロセスと結果を制御できます。

クリスタ 自動彩色は三つのモードが設けられており、それぞれ「全自動彩色」「ヒント画像を使って彩色」「高度な彩色」です。全自動彩色は名前どおりに着色を全自動で行うことです。

「ヒントを使って彩色」はどこに何色を使うかを手動で指定することで自動彩色を行うことです。「高度な彩色」はすでに着色された絵をベースにして、その色合いやスタイルなどを真似して自動彩色 クリスタですることです。

 

5. アイビスペイント(ibisPaint

タイプ:スマホン絵描きアプリ

料金:無料で使用可能

対応の画像タイプ:線画、手描きの絵

ibisPaint

株式会社アイビスモバイルが提供する大人気な絵描きのアプリです。操作がとても簡単で初心者でも自由に絵を描くことができます。アプリ内に自動彩色の機能も付いています。「自動色塗り」と言います。

「フィルター」から「自動色塗り」を選ぶと、自動彩色が行われます。もし自動着色の結果に満足しないなら、修正したい場所に点や線で指定して「色塗り」を実行すると塗り直しが可能です。

 

Part2: モノクロ写真を自動着色できるAIツール5選

6. Algorithmia

タイプ:オンラインツール;API

料金:個人使用は完全無料

対応の画像タイプ:モノクロの写真、画像

Algorithmia

深度学習のAI技術を利用するオンラインツールはモノクロの写真や画像を一瞬で自動彩色させることができます。色づけた写真は非常に自然でリアル性が高いです。

これを使うために、企業や開発者団体は「Pricing」のページからAPIを申請する必要があります。個人ユーザーなら、完全無料でホームページにモノクロの写真をアップロードして自動彩色をすることができます。オンライン画像のURLを貼り付けて自動彩色をするのも可能です。

 

7. Deepai.org

タイプ:オンラインツール;API

料金:完全無料

対応の画像タイプ:モノクロの写真、画像

Deepai.org

白黒の写真と画像に対して自動彩色をすることができるAIサービスです。使用するのは完全無料です。自動着色のAPIも開発者に提供しています。APIを利用すると、白黒写真の自動彩色、古い写真の色修復のほか、白黒の動画を自動彩色させることもできます。

ユーザーは「image」のボタンをクリックして自動着色したい画像をアップロードできます。オンラインの画像の場合、URLを入力してもいいです。入力の画像大きさは1200×1200までです。

 

8. Color Surprise AI

タイプ:ソフトウェア

料金:40$

対応の画像タイプ:モノクロの写真、画像

Color Surprise AI

AIを活用して様々な内容のモノクロの写真や画像を自動彩色できるソフトウェアです。古いモノクロの写真を生き返らせることができます。

使い方は非常に簡単です。モノクロの写真ファイルを取り込み、そして開始のボタンをクリックすればいいです。あとは自動彩色した写真や画像を出力することです。自動着色した画像の色合いはとても自然です。

 

9. 白黒写真の自動色付け

タイプ:オンラインツール

料金:完全無料

対応の画像タイプ:モノクロの写真、画像

白黒写真の自動色付け

ディープネットワークを用いてモノクロの写真に対して自動彩色をすることができるこのオンラインツールは筑波大学の飯塚里志などの学者が開発したAIプロジェクトです。このツールが依拠する手法についての論文も当サイトから読めます。

モノクロの写真を自動彩色させるのは非常に簡単です。「ファイル選択」のボタンをクリックして写真ファイルをアップロードします。そして、「色づけ」のボタンを押せば自動彩色した写真を入手できます。無料で制限なしで使用できます。

 

10. siggraph2016_colorization

タイプ:オンラインツール

料金:完全無料

対応の画像タイプ:モノクロの写真、画像

siggraph2016_colorization

この個人作の感覚のサイトを使ってモノクロの写真を自動彩色させることができます。その基盤も自動着色のAIモジュールです。制限なしで完全無料でこのWebツールを利用してモノクロの写真を色づけることができます。

注意したいのは、アップロードのサイズは8メガビットまでです。大きすぎる画像は長辺が800pxにまで縮小されます。また、プライバシーや情報の漏洩に対しても作者は一切責任を負わないので、注意する必要があります。

 

天空の入れ替えのできるAIツールTop10レビューという記事を読んで、天空に特殊エフェクトを追加する空加工のツールをご了解ください。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です