本番のディープフェイクの作り方まとめ|Top10レビュー|2020

本番のディープフェイクの作り方 TOP10

ディープフェイクは英語でDeepfakeと言います。名称の由来には、2017年の頃、RedditのとあるユーザーがAIの技術を利用してアメリカの女優の顔をはめ込んだポルノ動画(Deepfake AV)を配信して数多くのネットユーザーを引き付けていた経緯があります。

そのユーザーのIDは「Deepfakes」で、以降はDeepfakeが本人を本当に録画したほど、顔をすり替えたリアル性の高い偽動画のことを言う言葉に定着しています。

ネット上ではふざけ、お笑い素材などのために作成したディープフェイク動画は人気を集めやすいです。今回はディープフェイクの動画を作れるアプリやサービスなどDeepfake 作り方を紹介いたします。プログラミングの知識なくても、ディープフェイクの動画を無料で合成できます。

 

Part1: ディープフェイクの動画を作る危険性

とある調査によると、ネット上で配布されているディープフェイク動画の内、90%は有名な女優などの顔をはめ込んだポルノ動画(Deepfake Porno、エロ動画)で、ディープフェイク ポルノ以外の動画はわずか4%を占めていると言います。

どんなディープフェイクが許されるかについては曖昧な所が多いようですが、ディープフェイクを作成する際、自分に迷惑を招かないために、または最低限のモラルを守るために、下記などの危険性を心掛けましょう。

1.ポルノ動画、エロ動画に有名人の顔をすり替えてネット上で配布させるのは人権侵害となります。

2.ご本人の許諾を得ずに、その人の顔をディープフェイクの動画に当てはめたり、ネットで配布させたりすること肖像権侵害となります。

3.実在しない言論や振る舞いなどをディープフェイクを通じて他人に当てはめて悪質な影響を起こした場合、その人への名誉毀損となります。

ほかにも、法律違反となる状況が多いでしょう。

法律と道徳から逸脱せず悪意のないディープフェイクだとしても、偽物のDeepfake 動画だったり、実在しない言論だったりと明確に説明しといた方が無難でしょう。

 

Part2: 最新のディープフェイクの作り方まとめ

1. FaceSwap

タイプ:デスクトップのアプリ

料金:完全無料

言語:英語

faceswap

GitHubで公開されたオーペンソースのディープフェイク動画を生成できるアルゴリズムとしてFaceSwapは有名ですが、デスクトップのアプリも提供されていることを知る人が稀にいます。

コーディングの知識全くなくても、FaceSwapのアプリで非常に気軽にディープフェイク動画を作り上げることができます。そのデスクトップのアプリを見つけるために、GitHubにあるホームページからリンクを数個っクリックしてWindows and Linux Installers v2.0.0のページを開かなければなりません。

アプリはセットアップのアプリなので、起動するとまた2GBほどの内容をダウンロードする必要がります。使うにはNVIDAのビデオカードがおすすめですが、CPUやAMDのビデオカードにも対応できます。

秘められているようなこのディープフェイク動画を作成できる便利なツールの使い方を詳しく了解しましょう。

 

2. DeepFaceLab

タイプ:デスクトップのアプリ

料金:完全無料

言語:英語

deepfacelab

DeepFaceLabはGithubで公開されているディープフェイク動画を作成できるアルゴリズムです。デスクトップのアプリも公開されているので、コーディングの知識なくてもそれを利用して自ら顔を置換できるAIモデルを構築することができます。

アプリをダウンロードした後、ファイルを解凍すれば、セットアップなしで直接的に使用できます。原理から言うと、このDeepfake appは動画を複数のフレームとして書き出し、各フレーム画像で顔を置き換える作業を自動で行います。2.0の最新バージョンはNVIDAのビデオカードが必要なのです。

前記のリンクをクリックしてDeepfaceLabでディープフェイク動画を作る方法を詳しく了解しましょう。

 

3. FakeApp

タイプ:デスクトップのソフト

料金:完全無料

言語:英語

fakeapp

FakeAppは3年前からすごい流行っていたディープフェイク動画の作成デスクトップのDeepfake appです。結構自然にほかの顔を任意の動画に移植することができます。

当時、FakeAppは公式サイトがあって、そこには最新のFakeAppのバージョンが公開さましたが、有名人をはめ込んだ偽物のポルノ動画の作成とかファンによる不正の利用が物凄く氾濫していたので、所有者によって永久に閉鎖されました。

けど、今でも最新バージョンのFakeApp 2.2のセットアップファイル(およそ1.4GB)とチュートリアルがネット上で拡散されつつあります。

 

4. Ebsynth

タイプ:ソフトウェア

料金:完全無料

言語:英語

ebsynth

Ebsynthは大人気な完全無料のAIソフトです。メイン機能は普通の動画を美しい絵画スタイルの動画に自動で変換させることです。一方、このAIソフトを活用して顔の入れ替わったディープフェイクの動画を作成することもできます。

動作の原理からして、直接的に動画ファイルに対して処理をするわけではなく、動画を構成する数多くのフレーム(静止画)を一枚ずつ処理することです。顔が置き換えられた画像(ほかの画像加工のツールで作る)の一枚をキーフレームとして指定すれば、Ebsynthは自動で残りのすべてのフレームで同じな置換の効果を実現できます。

Ebsynthは本質がフレーム画像をバッチ処理するソフトなので、アプリ自体のほか、下記の二種類の画像を生成するツールも必要です。

1.動画を複数のフレーム静止画として書き出し、または合成できる動画編集ツール、例えば、Premier、After Effectsなどです。

2.  キーフレームとしての顔が入れ替わった画像を作成できるツールです。例えば、ソフトのPhotoshopやGIMP、ウェブサービスのreflect.tech、スマホンアプリのFaceAppなどです。

Ebsynthに詳しい使い方に興味がある方は、ぜひコメントしてください。

 

5. First Order Model

タイプ:Google Colabアプリ・オンライン

料金:完全無料

言語:英語

First order model

First Order Motion Model for Image AnimationはGitubで公開されたディープフェイクの動画を作成できるアルゴリズムです。指定の顔画像とその顔を操るようになる動画をアップロードしてディープフェイクの動画を作成できます。

プログラミングに詳しく方は、このアルゴリズムを利用して独自にディープフェイクを作れるモデルを立ち上げることもできます。

このアルゴリズムに基づいた使い方が直感的なアプリはまだないですが、作者が公開したGoogle Colabのデモという割合と簡単なアプリを利用しても、クリックするだけでディープフェイクを作成できます。

英語やプログラミングの知識をお持ちの方はFirst Order Motion Model for Image Animationのデモのページにある提示の通りにお試しください。

詳しい使い方の説明に興味がある方は、ぜひこの記事をコメントしてください。

 

6. Deepfakes Web β

タイプ:ディープフェイク サイト・オンラインサービス

料金:$2 / 1時間の使用権

言語:日本語あり

deepfakeswebβ

このDeepfake サイトを使ってユーザーはソースの動画と画像をアップロードするだけで、ディープフェイクの動画を簡単に合成できます。その分、金を払う必要があります。サービスの使用時間の長さによって費用を取る形です。

二種類のAI学習のモードを利用できます。その一は学習済みのモードです。その二は、アップロードされた動画から学習して新たに構築されるAIモードです。全体の流れに必要な時間は前者が4時間程度、後者が30分間程度です。

ファイルのサイズと予算を踏まえて適切な動画を加工しましょう。

使い方:

Step1:  ホームページから「動画を作成」のボタンをクリックします。

Step2: ログインしてから、「動画を作成する」のボタンをクリックして上図のような画像が現れてきます。

Step3: 提示の通りに画像または動画をアップロードしましょう。

 

7. MachineTube

タイプ:Deepfake サイト

料金:完全無料

言語:英語

MachineTube

MachineTubeはDeepfake サイトの形でディープフェイク動画を作れる便利なツールです。このサイトを利用して、人物像を焦点に当てた画像あるいは動画アップロードして、サイトが提供する動画モデルの顔をそこに入れ替えてディープフェイクの画像や動画を作成できます。

注意すべきなのは、本サイトはクラウド上のサーバーでディープフェイクの合成処理をするわけではありません。アルゴリズムだけを提供してお使いのパソコンのハードウェアを駆動させるとして理解しましょう。なので、パソコンのスペックへ要求があります。

使い方:

Step1: 当サイトで新規アカウント作成をしてから「Upload Image/Video」のボタンをクリックしてソースの画像や動画をアップロードします。

Step2:  「Enter edit mode」のボタンをクリックします。

Step3: 「Browse models」のボタンを利用してサイトが提供する動画モデルを選びます。そして「Load model files」のボタンをクリックします。

Step4:  下方にある「Encoder」と「Decoder」のプログレスバーの読み込みが終わったら、「Run Faceswap」をクリックしてディープフェイクの作成を開始します。

 

8. Fakeme

タイプ:Deepfake app(Androidアプリ)

料金:完全無料

言語:英語

fakeme

Fakemeはディープフェイクの動画を作れるAndroidアプリです。このディープフェイク アプリで、指定の動画にある人物のように、任意の顔写真にある人の表情と仕草をそっくりまねさせることができます。顔写真と動画は自由にアップロードして指定することができます。

最適な効果を得るために、できるだけ頭の部分がはっきり載せられて、背景の変換が複雑でない動画と顔写真お選びください。

使い方:

Step1:GoogleストアからFakemeのアプリをダウンロードします。

Step2:アプリを開いて、サンプル或いはデバイスにある顔写真を選びます。

Step3: 顔がはっきり映ってる動画を取り込みます。ディープフェイクの合成を開始します。

 

9. Zao

タイプ:ディープフェイク アプリ(iOS&Android)

料金:完全無料

言語:中国語

zao

有名な俳優、芸能人が出演した映画、番組から出る主役の顔に自分の顔をすり替えることができるディープフェイク アプリです。動画テンプレートは全部Zaoが提供するもので、数十秒ほど長い有名な映画や番組のビデオクリップです。

中からお気に入りの映画や俳優を選び、自分の顔写真の一枚をアップロードすれば、自分の様子をまるで映画の主人公のように自然に置き換えることができます。

初期では、ディープフェイク合成のスピードがめっちゃ速いでしたが、最近待つ時間が長くなったとかの低評価は増えます。

使い方:

Step1: アプリ「Zao」をダウンロードします。

Step2: お気に入りの動画クリップを指定して、そして自分の顔写真を撮ります。

Step3: ディープフェイク合成を開始して、暫く待ってから偽動画が出来上がり、ダウンロードできます。

 

10. AvengeThem

タイプ:Deepfake サイト

料金:完全無料

言語:英語

avengethem

アベンジャーズのファンにとってはこの自分の顔をヒーローの頭にすり替えることのできるサイトとして非常に面白いでしょう。テンプレートは全部シリーズ映画からの数秒長いGIFクリップです。自分の顔をヒーローに置き換えた後、クリップをGIF画像として出力できます。

デメリットは明らかです。まずは動画の出力はできないことです。そして、シリーズ映画の数秒長さの素材しか動きのテンプレートに指定できません。本当の意味のディープフェイクかどうかは気になります。

使い方:

Step1:上のリンクをクリックしてこのサイトにアクセスします。

Step2:置き換えたいテンプレートGIFをサイトから選びます。

Step3:顔がはっきり映っている写真と画像をアップロードして変換を開始します。

 

まとめ

今回は2020年の最新のディープフェイクを作成できるアプリやオンラインツールなどのDeepfake 作り方を紹介しました。全部プログラミングの知識が不要で利用できるツールです。中にはとっくに公開されたものがありますが、それらの最新をバージョンを例に取り上げました。

10個のディープフェイク 作り方の中には絶対にお好みに合わせるものがありますが、文の長さに制限されて使い方を一々と展開できません。最初から出る代表的な2ツールの使い方を別の記事で展開しています。リンクをクリックしてお読みください。

他のツールの使い方を詳しく了解したいなら、コメント欄でツール名を書いてお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です