最近投稿

画像の高画質化、拡大、編集、背景除去、AI画像生成、AIイラスト化、その他様々な画像処理関連ツールのすべて。

MITは咳の声でコロナ感染を判断できるAIを開発

マサチューセッツ工科大学(MIT)は咳の音から新型コロナウイルス肺炎に感染しているかどうかを判断するAIを開発しました。耳では聞き取れない感染者と健康な人との咳声の違いをAIが判別できるそうです。これによってコロナ肺炎への初歩的な診断を急速に行うことができます。

Aoki Minami Aoki Minami   / Dec.06, 2022

天空の入れ替えができる空加工AIツール|Top10レビュー

人工知能(AI)を活用した、ワンクリックだけで天空を色んな状態まで自然に変更するツールが続出しています。空にエフェクトを付け加え、引き立たせると、独特なニュアンスを伝えられます。そこで、今回は天空の変換と加工のAIツールを10個まとめました。

Miyazak Akira Miyazak Akira   / Dec.06, 2022

一瞬で自動彩色を完成できるAIツール|Top10レビュー

深度学習などのAI技術は絵画や画像の色づけの分野で大きな役割を果たしています。人工知能を活用した自動彩色ツールは絵描きと白黒写真の修復作業の効率を大幅に上げました。AI 自動着色で一瞬で自然な色づけを達成できます。

Miyazak Akira Miyazak Akira   / Dec.05, 2023
JPEG圧縮のWebツールTOP15

15のJPEG圧縮のWebツールを比較 (圧縮率と品質)|2024

画像サイズを維持したまま画像容量を減したい時ってよくあります。ファイルサイズが大きい画像は常に色々な不便を起こしてしまいます。JPEG 圧縮のオンラインツールを使えば問題を解決できます。そこで、本記事では、JPEG圧縮Webツールを15個まとめました。

Miyazak Akira Miyazak Akira   / Dec.30, 2022
個人ユーザー向けのOCRツールTOP15

15選のOCRツールを徹底レビュー(個人ユーザー向け)|2024

OCR(Optical Character Recognition)とは、「光学文字認識」という意味で、画像にある文字内容を自動で識別し、パソコンに入力することを指します。資料作成の効率は大幅に引きあがれます。本記事では、15のOCR フリーツールの効果を徹底検証しました。

Miyazak Akira Miyazak Akira   / Oct.17, 2023
自動運転

自動運転システムとブランドTop10(レベル別で)|2024

2020年4月1日、自動運転 レベル3は日本で解禁されました。一定の条件の元、ドライバーは運転を自動運転システムに委ねることは法律上認めるようになりしました。自動運転の発展につれて自動運転 レベル5の完全体の様子は見えてきます。市販と開発中の魅力的なシステムとブランドのまとめです。

Miyazak Akira Miyazak Akira   / Aug.14, 2023
faceswap

FaceSwapのパソコンソフトでDeepfakeを作る方法|2024最新

Faceswapは今年8月にWindowsとLinux版のディープフェイク ソフトを公開しました。プログラミングの知識なくても、Deepfakes動画を簡単に作成できます。今回はFaceSwapのデスクトップのアプリでDeepfake 動画の作り方を紹介しました。

Miyazak Akira Miyazak Akira   / Mar.25, 2024

AI機能の「アイコンタクト」をSurface Pro Xに運用し始める

マイクロソフトはAI技術を基盤にした「アイコンタクト」の機能をようやくSurface Pro Xで運用し始めました。。2019年に、この機能がARM搭載のMicrosoft SQ1のラップトップに運用される予定だという情報をマイクロソフトは公開しました。

Aoki Minami Aoki Minami   / Dec.06, 2022
huddle.ai

Huddl.aiはWeb会議のプラットフォームを立ち上げた

Huddl.ai はWeb会議の効率を改善するために、7月22日に共同作業のビデオプラットフォームを公開しました。リアルタイムのメモ共有アプリ、スピーチから検索可能なテキストに自動変換する音声識別の機能など、全てのWeb会議の内容を自動的に管理する機能を実現できます。

Aoki Minami Aoki Minami   / Dec.06, 2022

東北きりたんの紹介と人気の秘密

2011年に東日本大震災からの復興を支援するために、SSS社は「東北ずん子」「東北イタコ」「東北きりたん」というキャラクターを作り出しました。萌えキャラ運営会社SSSは、「東北きりたん歌唱DB」のAIデータを無料で公開したのは、IPの人気を長続きさせる狙いがありそうです。

Aoki Minami Aoki Minami   / Dec.06, 2022