マイクロソフトはAIに基づいた「アイコンタクト」機能をSurface Pro Xに運用し始める

サーフェスとサーフェスプロのファンにとって最近はいいニュースがあります。マイクロソフトはAI技術を基盤にした「アイコンタクト」の機能をようやくSurface Pro Xで運用し始めます。遡って、数ヶ月前の2019年に、この機能がARM搭載のMicrosoft SQ1のラップトップに運用される予定だという情報をマイクロソフトは公開しました。

microsoft アイコンタクト AI

この機能はWindows 10 Insider Preview Build 20175の一部として最近ようやく実装し始めます。間もなく広範囲で運用されるようになることを裏付けています。

マイクロソフトによると、当機能は人工知能の計算能力を持つマイクロソフトSQ1のプロセッサーに頼るということです。使用者がビデオ電話やチャットを使う際、視線の落ちる場所をAIが調整することで、使用者が常にアイコンタクトを気遣っているようにすることができます。surface pro xのカメラのレンズを傍らから距離を取っていても、或いは視線を下の方に向かわせていても構わないです。

当機能をオンにすると、アイコンタクト補正機能はパソコンの前置カメラを起用する全てのプログラムで運用できます。例えば、

  • zoom、
  • Skype、
  • Google Meet

などです。

このテクノロジーはAI計算能力を持つARM搭載のSQ1プロセッサーを介してこそ稼働できます。つまり、ARM Windows10が必要です。普通のx86のWindowsパソコンでは使用できないことを意味しています。なぜなら、x86のWindowsプラットフォームで関連のプロセスを行うには、電力の消耗は凄まじいからです。

このsurface pro xの機能はどこかで聞いたことあると思う方がいるでしょう。実はマイクロソフトはAI視線補正の技術に取り組んでいる唯一の会社ではありません。Apple社はこれと似た「FaceTimeアテンション補正」の機能をiOS13のベター版とともに打ち出したが、結局撤廃しました。Apple社によると、iOS14からこの機能を公式に取り入れる予定です。なので、iPhoneとiPadのユーザーも暫く待ってから、長いFaceTimeの電話でずっと相手に注意力を払っているふりをすることができます。

surface pro x 価格などの情報をAmazonで詳しく了解しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です