Vance AIは背景消去のSaaSツールをリリース

bgremo

11月1日、オンラインAIマルチメディア処理ツールプのロバイダーであるVance AIは、最新の背景除去のサービスVance AI Background Removerを公開しました。このサービスを通じて、ユーザーは画像や写真のメインコンテンツを簡単に切り抜き、背景を削除できます。著者が個人的に試した後、その背景除去の正確さと自然さは確かに驚くべきものだと思います。

人工知能(AI)マルチメディア処理SaaSツールを専門とするサイトとして、今回Vance AIがリリースした背景除去ツールは、写真の非破壊的な拡大などのツールのデザインを使い続けています。基本機能は、2C市場の位置付けを引き続き重点に置いているようです。しかし同時に、新機能にはVanceAIによる多くの新しい試みが含まれていることもわかります。

たとえば、コピーライティングの視点から、新しい背景除去機能の製品ページは、Eコマースや写真などの業界での画像処理の効率向上に役立つセールスポイントを強調しています。これは、ターゲット顧客をBエンドユーザーに拡大しようとしていることからもわかります。

さらに、Vance AIの背景除去機能により、新しい画像編集ページが追加され、ユーザーは元の画像をアップロードした後、変更されたページにジャンプします。したがって、オンライン画像処理のUIは、より専門性高く便利になります。現在、編集インターフェースには背景透過の機能しか統合されていませんが、元のAIオンライン処理の機能と後続の新しい機能を統合するために使用できる拡張の余地があります。

 

背景削除という機能自体について

画像透過AI

AI背景削除の機能が、AIの画像認識・処理技術の分野における成熟度はかなり高く、現在、多くの画像編集サービスプロバイダーはこの機能を展開しており、優れた処理結果をユーザーに提供することができます。たとえば、AdobeのPhotoshop(ソフトウェア)、Spark(オンライン画像加工)、Canva、Pixlr、Removebgなどのブランドがあります。市場の注目と口コミからみるとそのパフォーマンスは人をがっかりさせていません。

AI背景除去の機能は、従来の作業が時間と労力を要し、精度が低く、不自然であるというユーザーのニーズを完全に満足しています。ユーザーの立場で、画像をアップロードしてからクリックするだけで加工できます。AIは画像の主要な被写体を正確に残し、背景を透明化にすることができます。

サービスプロバイダーにとっての焦点は、迅速で高品質の処理結果を提供することです。 AIモデルをトレーニングするためのデータの継続的な入力は、処理できる画像の範囲を広げ、処理結果の精度を向上させるために必要な方法です。これは、ユーザーの粘り強さと支払い意欲の形成に大きく影響します。

 

VanceAIバックグラウンド除去をレビューしてみる

著者は、その効果を確認するために、VanceAIの背景削除ツールに写真を自らアップロードしました。ほとんどの写真で、Vance AIは写真の主要なオブジェクトを正確に残し、背景を取り除くことができると思います。しかし、まだいくつかの問題があります。

たとえば、写真をアップロードしてから画像透過の処理が完了するまでのプロセスは平均10秒以上かかり、ユーザーとしての感覚では比較的に長いと感じます。さらに、バッチ処理は一時的にサポートされていないため、Bエンドに切り替えようとしている試みからして改善すべきところではないかと思います。

要するに、Vance AIが半年足らずに立ち上げたいくつかのAI画像処理SaaSツールはすべて高い完成度を見せています。当ブランドが今後も機能を追加する見通しで、市場の反応は注目に値するでしょう。

 

AI画像透過のサービスとソフト(無料あり)|Top10という記事を読んで、ほかのAI背景削除ツールをご了解ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です