【初心者向き】AIデータ分析とは?活用例まとめ!

AIデータ分析

最近はITに詳しくない方でも「AI」を知らない方は少ないのではないでしょうか。ニュースやその他でもさかんにAIについての話題が出ていて、また実際に活用されてもいます。

そんなAIですが、なんといっても特に得意な分野がデータ分析です。そんなAIにおけるデータ分析ですが、ひとえにデータ分析といっても様々な事例があります。

そういった各事例やAIを活用するメリットなどをご紹介したいと思います

AI分析とは?

AI分析とは

まずAIにおけるデータ分析がどのようなものかといいますと、人の手でやれば膨大な時間がかかってしまう大量のデータをまたたく間に分析し、またそこから共通点や類似点を調べだす作業になります。

単にチェックし共通点を調べるだけなら単なるプログラムでできるのですが、そこに加え機械学習ができるAIというのは人間の感覚に近いような、完全な数値の一致では導き出せない類似性などを見出してピックアップすることが可能です。

加えてやはり機械でありプログラムなのでそれらを超高速で行えるので、膨大なデータでもあっというまに解析することができるのです。

言ってしまえば人間と機械のいいとこ取りで分析が行えるのがAIの強みというわけです。

 

AIによるデータ分析の活用事例

AIによるデータ分析の活用事例

それでは実際にどのようなデータの分析にAIが役立っているかをご紹介していきたいと思います。

1.画像を分析

一般的によく知られていて、活用の事例も多いのがこの画像分析ではないでしょうか。

具体的には画像内にいる群衆の数を数えたり、画像の中に何が写っているかを認識したり、画像の人物の服や年齢、性別、顔などを識別することなどもできます。

それらによって監視カメラやその他映像データから、あらゆる情報を解析することができるようになっています。

 

2.文章を分析

AIでは文章の分析も得意です。

膨大なテキストデータを読み込みAIが理解することで、その中から有益なデータなどの抽出ができます。

そのためアンケートや日報といったデータから単純集計では解析できない、人々の傾向などを判断したり、新聞記事などを大量に読み込んで経済動向を判別するなどの目的でも利用されています。

 

3.音声を分析

こちらもよく利用される分野です。

特に音声認識で命令を理解して動作する音声スピーカーなどはよく知られていると思います。

これももともと人間の音声の特徴をAIが分析することで、人間の音声が何を話しているのかを理解できるようになっているわけです。

また人間の発音のメカニズムをAIが分析することで、より自然な合成音声などの作成も可能になってきています。

 

4.運転を分析

いわゆる自動運転などが、この運転の分析によって可能になっている分野ですね。

人間の運転のパターンや、歩行者の動き、まわりの車によって起こりうる事故などを分析し、それを用いることで自動運転のデータにしています。

またそれだけでなく人間がいかに事故を起こすかというパターンを分析することで、事故防止の安全指導に役立てたりもしています。

 

AIデータ分析のメリット

AIデータ分析のメリット

それではこれらAIデータ分析が、特にどのような点でメリットがあるかも紹介します。

1.不具合を検知

AIは人間と違って指定された箇所を常に100%監視しておくことができるので、不具合や異常の検知に非常に強いです。

また今までは人間の経験や勘で見つけていた異常なども、その人間の勘以上に小さな違和感を発見・検知して、トラブルや事故を未然に防ぐことができます。

 

2.業務の効率化

なんといってもこの点は大きいです。

AIができることのうち人間の能力と変わらないものは多くありますが、その違いはなんといってもスピードの速さです。

そのため今までひとつひとつ人間が確認するために手間がかかっていた作業を大幅に効率化することができます。

 

3.省人化・省力化

これもさきほどの効率化と共通点が多いのですが、AIが人間の代わりにやってくれることでもちろん省人化や省力化につながります。

なんといってもAIはきちんと運用すれば24時間365日働いてくれますので、人の手間や時間を大幅にカットし、他の人でしかできない業務に力を入れることが可能です。

 

まとめ

 

このように、AIによるデータ分析はあらゆるところで活用されていて、またそのメリットもとても大きなものになっています。

こうしてAIはかなり身近なものになってきていますので、興味があればもっと調べてみたりするのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。