Vance AIで画像レタッチをする方法について

画像レタッチとは?

画像レタッチとは?

レタッチはフォトレタッチの略語です。元々は写真をより見栄よくして綺麗にするために、加工、編集、補正を加えることを指します。一般的に画像に手を加えてよりきれいな画像にするという意味で使われています。

具体的に言うと、画像の明るさ、彩度、コントラストを調整することや、画像の内容の汚点を取ったり欠陥を補ったりするなどの作業が含まれています。

 

Vance AI とは?

動作環境オンライン、Windows 10/8/8.1/7
日本語対応あり
価格無料、標準($9.90/毎月)、プロ($19.90/毎月)

Vance AIは次世代の人工知能(AI)の分野の機械学習という技術を活用して画像レタッチ、画像高画質化をより速く、より正確的に実現させる最新のオンラインサービスとPCソフトウエアの製品です。数回のクリックだけで上記の画像レタッチの作業を完成できます。


実際に使ってみた後、Vance AIの以下の特性に対する印象が深いです。

  1. オンラインの画像拡大サービスVance AI Image Enlargerが提供されているので、デバイスやシステムに制限されず、画像を拡大、高画質化させることができます。全過程は数十秒しかかかりません。ログインしたら、処理した画像の履歴を表示することができます。利便性が高いです。
  2. AIモデルを訓練するために各種類の大量の画像データが絶え間なく運営側によってAIにインプットされているので、画像レタッチの自動化の正確さが間違いなく高まり続けるそうです。
  3. ソフトウェアのVance AI Image Enhancerを使う場合、ノイズ除去、ぼかし削除の程度、または輝度、彩度、コントラストというパラメーターはスクロールのバーを通じて滑らかに調整できます。レタッチの結果はほぼリアルタイムでプレビューできます。
  4. 簡潔のインターフェースです。初心者でもすぐに使い始めることができます。
  5. 使い慣れたパラメーターの組み合わせをプリセットとして保存できます。
  6. 出力の品質を数値でコントロールできます。
  7. スマート画像拡大機能もあり、画像を40倍拡大しても元の品質を維持できます。加工できる画像のサイズの範囲は結構広いです。

その一方、Vance AIはまだ改善すべきところもあると思います。

  1. オンラインのサービスを使う際、処理できる枚数が制限されるのは不便です。
  2. 数枚の画像をソフトに導入して一々とレタッチを完成した後、出力の段階で一括で出力することができません。
  3. ソフトウエアの機能セクションを表示するために、画像を最初に導入しなければなりません。機能セクションを事前にプレビューするのは不便です。

 

Vance AI で画像レタッチをする具体的な方法について

オンラインツールのVance AI Image Enlargerの場合

Step1:画像をアップロードします。

オンラインのサービス Vance AI

Step2:拡大の倍数などの設定をします。

オンラインのサービスのパネル Vance AI

Step3:ダウンロードのボタンをクリックします。

画像をダウンロード Vance AI

ダウンロードのボタンをクリックすると、ログインを請求するウィンドウが出てきます。ログインしてから、処理した画像をダウンロードします。「個人のアカウント」のページで処理の履歴を表示することができます。

 

ソフトウェアのVance AI Image Enhancerを使う場合

Step1:VanceAIをインストーレーション

公式サイトからこのソフトをダウンロードしてインストールしましょう。製品のインストールが成功した後、製品内でAIモデルのダウンロードとインストーレーションをする必要もありますので、少し待ってください。

インストレーション-Vance AI

Vance AI AI モデル

Step2:画像をVanceAIに導入

「拡大」「鋭くする」「ノイズ除去」という三つの機能から一つを選び、画像ファイルをドラッグドロップの方法でメインインタフェースで開いてください。そして機能インタフェースがメイン画面で現れてきます。

Vance AI 画像を取り込む

 

Step3:レタッチをする

右側のスクロールのバーを左右で移動して、真ん中の調整前後の比較を見ながら、お気に入りのレタッチ効果を決めましょう。

Vance AI sharpen AI

Step4:レタッチした画像を出力

右下の保存ボタンをクリックして、出力オプションのウィンドウでファイル名と出力品質を決めてからご出力ください。画像サイズが特に大きい場合、品質を抑えた方は出力スピードの向上に繋がります。「OK」をクリックすると、画像高画質化が完成しました。

出力 Vance AI

 

画像レタッチに関するQ&A

Q:画像のノイズとは?画像をどう影響しますか?

A:画像ノイズは画像に点在する小粒のようなものです。そのせいで画像がザラザラ感を募らせます。撮影環境の光線不足と撮影機材の電気シグナルの影響がその主な成因です。滑らかではっきりした画像をレタッチするためには、画像 ノイズ除去が必要です。

Q:画像の輝度とは?画像をどう影響しますか?

A:輝度はつまり画像の明るさでたくさんの場合では明度とも呼ばれます。輝度は画面全体の明暗を反映します。これを調整することで、画像の基調が変わります。

Q:画像の彩度とは?画像をどう影響しますか?

A:白、黒、灰色は無彩色です。彩度はこの三つの色からかけ離れた程度で定義されています。なので、彩度が高いほど画像の各部分の色の鮮やかさが強くなります。彩度を小さくすると画像がモノクロに近づきます。

Q:画像のコントラストとは?画像をどう影響しますか?

A:コントラストは写真処理の分野では、一般的に輝度コントラストを指します。コントラストを大きく設定する場合、暗い所がもっと暗くなり、明るい所はもっと明るくなります。よって、画像の各部分の対比がより明らかとなります。

Q:Vance AIは無料で使用できますか?

A:無料で使用できます。現段階ではなんの登録もしない場合、画像5枚をソフト内で制限なしでレタッチできます。新規登録をしたら、7日間あるいは14日間の無料試用を請求できます。

Q:このAI画像レタッチ製品は同じ機能を持つ非AIの製品とはどいう区別がありますか?

A:AIを運用する画像レタッチソフトは従来の画像編集ソフトと比べて主に三つの優位性と一つのデメリットがあると思います:

  1. 自動化程度が高くて、ユーザーが工夫しなければならないプロセスがよほど少なくなります。
  2. 理論上では、AIの勉強できる画像の種類と数量には上限がないので、人間より正確な判断と処理をすることができます。
  3. AIの成長の境目がほぼないので、ずっと進化していけます。
  4. ユーザーに与えられるコントロールが割と少ないので、ユーザーの創造性の発揮には邪魔です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です