今話題の「AIのべりすと」がスゴイ!魅力を徹底解説

AIのべりすと

あなたが読んでいるその小説、もしかするとAIが書いたものかもしれません。現在、AIによる小説の制作が活発に行われています。しかし多くの方が、AIによる執筆は趣味やお遊び程度のものと思っているようです。

ところが大手出版業界や新聞社主催の文学賞では、AIを用いた作成された小説の入賞や書籍化がはじまっています。人間に代わってAIが書いた文章には、どのような可能性があるのでしょう。

今回は、AI文章・小説作成アプリケーションソフトウェアAIノベリストの解説と、あわせてチェックしたい無料AIソフトをご紹介します。

AIのべりすと」とは?

「AIのべりすと」とは

「AIのべりすと」はゲームクリエイターの Sta氏が Google TRC の協力のもと、何百万の文庫本からAIを訓練させて制作したAIノベルライターです。AIの力を借りて、誰でも簡単に理想の小説を書くことができます。

試しに筆者がAIのべりすとで生成した文章がこちらです。

 

吾輩は猫である。名前はまだない。

そんな吾輩であるが、数日前にマタタビを追いかけて走り回っていたらトラックに轢かれてしまった。これは本当にたまたまだったのだが、運が悪かったというかなんというか…………。何にせよその結果、中世ヨーロッパのような世界に転生してしまったのである。

いかがでしょうか。初めの2文以降をAIが自動生成しました。実際に使ってみると、前の文章の雰囲気や書き方を残しつつ続く文章がごく自然なものになっており、AIが書いたとは思えないクオリティーです。さて、このサービスが小説やノベルを書く上でどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

小説を書くのに役立つ便利なポイント

小説を書くのに役立つ便利なポイント

AIのべりすとは、豊富な小説から学習された非常に博識なAIソフトウェアです。そのためただ文章を書き連ねるだけでなく、様々な目的で使用することができます。

 

アイデアを出してくれる

小説のアイデアを出してくれるのはもちろんのこと、次のように面接の練習として活用することもできます。

 

Q.志望動機を教えてください。

AIのべりすとに、続くQ&Aを考えてもらいました。

Q.志望動機を教えてください。A.父は建築業界で働いており、近くでその光景を見ていた私は自然と同業に就くことを夢見ていたからです。Q.休みの日は何をしているか教えてください。A.休みはほとんど外出せず家にいます。Q.希望年収を教えてください。A.500万円です。

面接で聞かれる質問を予想することは難しいですよね。しかしAIのべりすとで予め予測をしておけば、本番でも焦らずに受け答えができます。

 

キャラクター設定ができる

物語におけるキャラクター作りは時間をかけて綿密に設計されていきます。登場人物がストーリーを展開していくからです。AIのべりすとを使用すれば、思い描くキャラクターの名前やセリフを入力するだけで、時間をかけずに自動でキャラクターの文章を生成させることが可能です。

 

その他の興味深いAIソフト

AIによるクリエイティブな創作活動は文章を書くことのみとどまらず、絵を描いたり背景に使用できるCGのような画像を作成することもできます。AIをより使いこなしたい方は、次の2つのソフトもチェックしましょう。

VanceAI描画

VanceAI描画

VanceAI描画は、VanceAIが提供しているイラスト/絵画を自動で生成できるAIツールです。実際に多くの画家や美術家、イラストレーターが愛用している製品で、思いついた言葉を入力するだけで独創的なアートワークが生成できます。

ただ言葉を入力するだけでなく、アートの種類やスタイル、アーティストのスタイルを組み合わせるとさらに面白い作品を生み出すことができます。

 

NovelAI

NovelAI

NovelAIは、AIノベリストと同じく小説を自動生成できるツールです。文章を英語で生成できるのが大きなポイントで、英語学習をしたい方にもうってつけです。GPTというデファクトスタンダードの言語処理AIを用いているので、ごく自然な表現を可能にします。

 

まとめ

 

AIで大作家が生まれる時代がそこまで来ているのかもしれません。これまで小説を書ききることができなかった方や、AIの力を借りて新人賞に応募したいという方は、AIのべりすとを試してみませんか?

また、AIのべりすととVanceAI描画を併用すれば、漫画制作も夢ではありません。AIは、あなたの創作力の力強い味方になってくれるのです。

About Miyazak Akira

AIニュースの執筆やAI製品のチュートリアルの作成で豊富な経験を持つ作家、Miyazaki Akiraをご紹介します。テクノロジー業界への深い理解を持つAkiraは、AIに関するあらゆることを知ることができるエキスパートです。さらに広がって、今アプリレビューの創作も進行中。最新技術の探求に忙しくないときは、SF漫画や写真撮影、心理系の書籍を読むことに熱中しています。Akiraと一緒に、魅力的な人工知能の世界を解き明かす旅に出かけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です