自動運転システムとブランドTop10(レベル別で)|2020

自動運転

2020年4月1日、大きい期待が寄せられている自動運転 レベル3は日本で解禁されました。一定の条件の元、ドライバーは運転を自動運転システムに委ねることは法律上で明確に許しています。

運転効率と安全性の向上などのメリットにより、自動運転車は広く注目されており、凄まじく発展しています。現在では自動車業界の発展を率いる最も大きい動力の一つになっているとも言えます。高いレベルの自動運転を実現するにはレーザー測距のセンシング技術、コンピューター視覚処理、機械学習のAI技術などの最新技術は不可欠です。

市販されているADASシステム(先進運転支援システム)搭載の自動車はよく自動運転車と呼ばれますが、厳格的に言うと「支援」に過ぎず、自動運転の域にはまだ達していないです。自動運転レベルの1と2にしか位置付けられません。レベル3からは本当の意味上の自動運転となります。

この記事で自動運転 レベルの別で業界で実用性の高い、或いは実用に間近いブランド、システムの事例を踏まえ、自動運転 現状を紹介いたします。それに先立って、まずは自動運転レベルから確認しましょう。

 

一、自動運転 レベル 1~5

レベル0:

ドライバーが常にすべての主制御系統(加速、操舵、制動)の操作を行う。

レベル1(運転支援):

加速、操舵、制動のいずれか単一をシステムが支援的に行う状態。

レベル2(部分自動運転):

システムがドライビング環境を観測しながら、加速・操舵・制動のうち複数の操作をシステムが行う状態。

レベル3(条件付きの自動運転):

限定的な環境下、システムが加速、操舵、制動を行い、システムが要請したときはドライバーが対応しなければならない状態。

レベル4(高度自動運転):

特定の状況の下のみ(例えば高速道路上のみ、又は極限環境以外)、加速、操舵、制動といった操作を全てシステムが行い、その条件が続く限り、ドライバーが関与しない状態。

レベル5(完全自動運転):

無人運転。考え得る全ての状況下及び、極限環境での運転をシステムに委ねる状態。

 

それから、低いレベルから実現しつつある高いレベルまで自動運転 現状への認識を深めていきましょう。

 

二、自動運転 レベル2までのシステムとブランド(市販多数)

 

長年の発展を経てレベル2の運転支援まで技術は長足の発展を遂げ、たくさんの市販車に搭載されています。本当の意味上の自動運転としてのレベル3まではあと一歩だけです。

レベル2はレベル3とは技術の完成度から見てかけ離れていませんが、ドライバーは運転を完全にシステムに任せちゃいけなくて、監視を続けなければないというのは最も大きい区別です。

 

1. 日産 自動運転のシステム「プロパイロット」

プロパイロット

プロパイロットの最新システムは2019年5月に発表されたプロパイロット2.0です。当システム搭載の車は自動運転車にはかなり近いです。カメラ、レーダーセンサー、3D地図など多様な手段を活用し、日産 自動運転は走行環境にある車自身の位置を高い精度で把握することができます。

それによって、車道と車間距離の維持、緊急時のブレーキングが実現できます。それに加え、スイッチを操作するだけで、前車の追い越しと車線復帰を自動で行う前車追従機能も実現できます。日産 自動運転の過程で暫くハンドルを手放して運転することができます。

 

2. トヨタ 自動運転 現状と「Lexus Teammate」

Lexus teammate

自動運転 レベル2に相当するシステムを運用した車種はトヨタの市販車シリーズではまだ見えないとおかしく思う方が多くいるでしょうが、自動運転車においてもトヨタは業界の発展を後押しする存在です。

トヨタ 自動運転は戦略、投資、技術、実験のどの面においても、しっかりしたノーハウを積んでいます。「Highway Teammate」の戦略で高速道路における自動運転を可能にする自動運転 レベル3以上のシステムの実用化を目指しています。「ガーディアン」と「ショーファー」の二つの技術を進めることで高い安全性と快適な自動運転を図っています。「Toyota Safety Sense」という高いレベルのセンシング技術の開発にも取り組んでいます。

今までのレベル2のトヨタ 自動運転技術を結集する高級車「レクサス」の新型車「LS」は「Lexus Teammate」を搭載し、今年の初冬に発売される予定です。運転中、車道変更と追い越しを自動で完成することができます。人工知能(AI)を活用し、起こりうるトラブルを予測し即座に予防対策を講じることもできます。

 

3. スバルの「アイサイト」

アイサイト X

スバルの運転支援システム「アイサイト」は、「アクティブレーンキープ」と「プリクラッシュブレーキ」の機能を実現できます。それぞれ自動車道保持と衝突防止ブレーキです。また、誤発進抑制機能(前方に障害物がある際、急な発進を抑制する機能)も付いています。

当システムの最新バージョンは「アイサイト X」で、2020年8月から新型「レヴォーグ」とともに予約できるようになりました。

スバル「アイサイト」の強みはほかのセンサーとカメラを混用するシステムとは異なり、フロントガラスに取付けたステレオカメラだけで以上の機能を実現できるということです。JNCAPの予防安全性能アセスメントで、搭載車が最高ランクを獲得しています。一方、自動ステアリングのシーンはごく限られたので、自動運転 レベル1は超えていません。

 

4. 人気なテスラ 自動運転のシステム「オートパイロット」

Tesla

有名なEV(電気自動車)会社テスラが開発した先進運転支援システムです。テスラの各車種に実用されています。テスラ 自動運転の世界中のファンが多くいます。CEOのイーロンマスク氏はマスコミに対して自社の自動運転車の技術は自動運転 レベル5ほどの完全自動運転には非常に近いと強調しました。そこからテスラの強い技術力が分かれます。

自動の車線内ステアリング、車道変更、車間距離の保持などの機能を利用して、まっすぐの道とカーブともうまく対応できます。また、「スマートサモン」(自動呼び寄せ)というテスラ 自動運転の機能もたくさんにユーザーに愛用されています。

テスラのセンサー

優れた自動運転車の機能の背後にあるのは性能が優れたカメラとセンサー群です。360度で大きい半径にある状況を正確に探知できます。豪雨など天候が悪い際にも環境を高い精度で把握可能です。けど、ドライバーの監視は依然に不可欠なので、自動運転 レベル2にとどまります。

 

三、広範囲の運用に近い自動運転 レベル3の事例

 

1. アウディ A8 「AIトラフィックジャムパイロット」

アウディ

早くも2017年の頃、Audiは「AIトラフィックジャムパイロット」を搭載したAudi A8を発売しました。自動運転 レベル3に合致する自動運転車のシステムを公式に実用化させたのは世界初です。LiDAR(レーザー画像検出と測距)という進んだセンシングの仕組みを採用したのも世界初です。また、ミリ波レーダー、カメラセンサー、超音波センサーを合わせてセンサーを23個搭載しており、死角なしで車周囲を把握できます。

レベル2ほどの運転支援の仕組みも搭載していますが、A8をレベル3にさせるのは、「AIトラフィックジャムパイロット」(AI Traffic Jam Pilot=AI交通渋滞自動運転)というシステムの搭載です。片道で2車道の道路で、時速60キロ以下で交通が流れる場合、ドライバーは監視せずに完全に運転を当システムに任せることができます。

 

2. ホンダ 自動運転の新車「レジェンド」の「アイズオフ」

ホンダ

ホンダは2019年夏に開催したメディア向けの説明会で20年の半ばに高級車「レジェンド」でレベル3の自動運転車を発売すると公開しました。日本初、アウディA8に次ぐ世界第二の自動運転 レベル3を実用化させる自動運転車と見込まれています。

高速道路での運転という条件の下で、ドライバーが視線をそらして手をハンドルから離し、運転を完全にシステムに委ねられる「アイズオフ」というホンダ 自動運転の技術は確立されています。

しかし、今年の新型肺炎のパンデミックがホンダ 自動運転などのサプライチェーンに大きいダメージを与えたなどの原因で、新車の発売は遅延を余儀なくされました。2020年5月12日の決算発表で「年内に何とか発売する」と八郷隆弘社長は語りました。

ホンダが2019年に開催した説明会によると、新しい「レジェンド」の自動運転は車線内運転支援、高度の車線変更支援、渋滞時の自動運転といった機能を実現できるそうです。

 

3. ダイムラー・メルセデス・ベンツの「DRIVE PILOT」

drive pilot

ダイムラー傘下のメルセデス・ベンツは2020年9月2日に開いた新車のSクラスの発表会で、フラグシップのSクラスを自動運転 レベル3の自動運転車として2021年後半に市場に投入することを明らかにしました。同社はこれまで、レベル3の自動運転車の発売を「20年代初頭」として幅を持たせてきました。

新型Sクラスに導入予定の「DRIVE PILOT」のシステムは、渋滞の高速道路で、同一車線内に時速60未満の場合、ブレーキやステアリングなどの自動運転を担うとされています。この形のレベル3は多数の国家の法律に遵守できるという自動運転 現状があります。

 

四、自動運転車レベル4~5の進捗と事例

 

1. 完全な自動運転車を目指し、ボルボは2022年にLiDARシステムを投入

ボルボLiDAR

2020年5月6日、ボルボはレーザーによるセンシング技術に基づいたセンサー「LiDAR」の搭載を通じて、2022年に高速道路での自動運転を可能にすると発表しました。この言い方からして、その時、ボルボは自動運転 レベル4の自動運転を実用化できるそうです。

原理上では、光波型のLiDARセンサーはミリ波レーダーと超音波のセンサーとは同じく、反射の光波や音波を受けることで検知と測距を行いますが、反射率が低い、サイズの小さい物体に対しても正確に探知でき、しかも環境にある物体の3D画像を生成することもできます。

しかし、従来のLiDARシステムはコストが高い、サイズが大きいという問題を回避できないです。ボルボが採用したルミナ―社のLiDARシステムはこれらの問題をうまく解決しました。アウディに次ぐLiDARシステムを実用するブランドとなり、それ以上のレベルが期待されています。

 

2. FCAに運用予定、ウェイモのレベル4の「Waymo Driver」

waymo

ウェイモは最初でGoogle 自動運転車の開発部門としてスタートし、現在はGoogleのコングロマリット企業のAlphabetの傘下に属する独自会社です。すでに十数年間の自動運転の技術を積んできました。すでに自動運転 レベル4の自動運転の技術を確立しています。Google 自動運転を代表できます。

2020年7月26日までに、欧州自動車大手のFCAと戦略的協力関係を結び、「Waymo Driver」という自動運転システムをFCA小型商用車に運用する予定です。2016年にWaymoはFCAのミニバンに自動運転システムを搭載し、自動運転タクシーサービスに使用しています。また、今年7月にボルボととも戦略パートナーシップを築き、ボルボのEVプラットフォームに「Waymo Driver」を導入することを目指しています。Google 自動運転の計画は成果を挙げています。

 

3. 自動運転 レベル4の量産を目標に、バイドゥの「アポロ計画」

アポロ

バイドゥは中国の大手インターネット企業です。検索サービス「Baidu.com」を中国国内で提供することで、グーグルに次ぐ2位のユーザー数の規模を有しています。2017年4月に自動運転車向けのソフトウェアプラットフォームをオープンソース化するプロジェクト「アポロ計画」を発表しまっした。

「アポロ」と名付けたAIを活用してソフトウェア、HDマップ、アルゴリズムをオーペンソースさせることで開発のスピードを速める狙いがあるそうです。中国国内外の百あまりの自動車メーカーは当計画に参入しています。政府の産業政策とアリババなど中国の大手会社からの資金支援のおかげで急速な発展が見込まれます。

 

まとめ

世界中の自動車メーカーと会社が高いレベルを実現するために研究と開発を推し進めている自動運転 現状の中、関連のニュースと事例は頻りに出てきていて、枚挙に遑がないです。最終形態の自動運転 レベル 5を間もなく現実にまで迎えることができるでしょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です