ヒートマップツール10選を比較!メリット・デメリットまで完全解説【保存版】

サイトマップ サイトマップツール オススメ

サイト運営に役立つらしい「ヒートマップ」。

コトバは耳にしたことがあるけど、実際どうやって役に立つのか?

今回は、ヒートマップってそもそも何?という基本的な話から、オススメのヒートマップツールを一挙に10個紹介します!

メリット・デメリットを挙げながら紹介するので、自分に合ったツールが必ず見つかるはずです。

そもそも「ヒートマップ」とは?

ヒートマップとは、簡単に言うと「ウェブサイト上でユーザーがどのような動きをしたのか、色を使って可視化したもの」です。

例えば、各ページでどこまでスクロールをしたのか、どういった流れでリンクをクリックしたのか・・というような動きが、一目でわかってしまうのです。

可視化する意味は、細かいデータを分析する必要がなく、パッと見ただけでなんとなくユーザーの動きが分かるから。

このようにユーザーの動きを可視化させるツールを「ヒートマップツール」と呼びます。ユーザーのニーズを知り、サイトをより活性化させるのに役立つツールですね。

オススメヒートマップツール10

Ptengine

ptengine

各大手企業にも採用されるツール。UIがシンプルでわかりやすく、初心者でも安心して使えます。

<メリット>

・大手企業ユーザーがいる

・タグ挿入から5分で利用開始可能

<デメリット>

・料金が高め

 

User Heat

user heat

なんと無料で使えてしまうヒートマップツール。URLを入力するだけで分析が始まるので、ヒートマップを試しに見てみたい人にもオススメです。

<メリット>

・無料

・使い方が簡単

<デメリット>

・サイトのページごとにURL登録の必要あり

・分析可能になるまで(データが揃うまで)時間がかかる場合がある

 

mouseflow

mouseflow

「使いやすさ」ではなく、「使いにくさ」はどこにあるのか?という点にフォーカスしたツール。有料ですが比較的良心的。中〜上級者にオススメです。

<メリット>

・フィルターをかけて特定ユーザーの動きを確認可能

・実際のユーザーの動きを再現できる

<デメリット>

・使い方は若干複雑

 

SiTest

sitest

ヒートマップをはじめとした、さまざまなサイト解析機能を取り揃えたツール。とにかくいろんな解析をしてみたい人にオススメ。

<メリット>

・ヒートマップ機能が充実

・クリックマップ(クリックされた場所を表示)等がわかりやすく詳細に表示される

<デメリット>

・料金体系が不透明

 

UNCOVER TRUTH

uncover truth

デジタルマーケティングが売りのマーケティング会社が提供するサービス。AIを使ったサイト分析で、改善すべき部分をサクッと知ることができます。

<メリット>

・AIを使ったマーケティング分析

・ページごとではなく、コンテンツ全体の分析から最適解を導ける

<デメリット>

・料金体系が不透明

 

User Insight

user insight

ヒートマップによるアクセス解析・UI/UX改善に特化したツール。とにかくヒートマップに集中してサイト分析したい、という人にオススメです。

<メリット>

・ヒートマップをベースにとことんサイト分析できる

・マルチデバイスに対応した分析

<デメリット>

・料金見積もり取得に時間がかかる場合がある

 

MIERUCA. HEATMAP

mieruca heatmap

ヒートマップ分析がみやすい、使いやすさ抜群のツール。充実の機能ながら、使い方がシンプルなのが魅力です。

<メリット>

・機能が充実

・使い方がシンプル

・料金プランが充実

<デメリット>

・料金は高め

 

VWO

vwo

アメリカの企業が提供するヒートマップツール。シンプルかつAI分析が魅力。英語が読める方は試してみる価値ありです。

<メリット>

・使い方がシンプル

・AIを利用したヒートマップ分析

<デメリット>

・日本語対応なし

 

freshworks

freshworks

ヒートマップをはじめとし、さまざまなマーケティングサービスを提供するfreshworks。手がけるサービスが幅広く、利用したいサービスをカスタマイズできるのが魅力です。

<メリット>

・包括的なマーケティングツール

<デメリット>

・日本語が不自然な部分あり

・サイトが複雑で若干わかりづらい

 

Attention Insight

attention insight

AIを駆使したヒートマップ分析が可能なツール。1分以内にフィードバックを得られる超高速分析が魅力です。

<メリット>

・AIを利用したヒートマップ分析

・超高速分析

<デメリット>

・日本語対応なし

・企業プランだと価格は高め

 

まとめ

視覚的なサイト分析を可能にするヒートマップツールを紹介しました。

数字のデータと睨めっこするよりも、ユーザーの動きを可視化することでよりユーザーの満足度を高めやすくなります。自分に合ったツールを使って、早速サイトを分析してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。