カンタン!多機能!おすすめゲーム実況録画ツール10選

ゲーム実況者に必須のソフトであるゲーム録画ツール。

「自分もPCゲームを録画したいけどたくさんありすぎてどれを選べばいいのかわからない」

「ゲーム実況のやり方を調べてもどのツールが自分にあっているかはわからない・・・」

そんなことを思ったことはありませんか?

今回は簡単にゲーム画面を録画したり実況したりできる録画ツール10選をご紹介いたします。

ゲーム実況録画ツール10選

それぞれのツールの概要と簡単なメリットデメリットを記載したので自分にあったツールを見つけてくださいね。

Gecata

Gecataは基本ダウンロード無料のレコードソフトです。ストリーミングも対応しているのでこれ一つでゲーム実況できちゃいます。

メリット:

基本使用無料

ストリーミングとレコーディングを同時実行可能

デメリット:

日本語未対応

Mac OS非対応

OBS Studio

OBS STUDIOはビデオ録画と生放送用の、無料かつオープンソースのシンプルなソフトウェア。Windowsだけでなく、MacOSやLinuxにも対応しています。

メリット:

対応OSが幅広い

日本語対応

無料

デメリット:

オープンソースなのである程度の知識があることが前提

Streamlabs

簡単にストリーミング再生を行える基本使用無料のソフトウェア。Youtube, Twitch,Facebookなど、多様なプラットフォームに対応しているためゲーム実況に適しています。

メリット:

基本使用無料

機能が多い

デメリット:

Windowsのみ対応

日本語未対応

GeForce® Experience™

高性能ビデオカードの開発で有名なNvidia社の提供する録画ツール。

こうしたキャプチャーツール、録画ツールはサポートしているゲームが少なかったりするのですが、GeForce Experienceは非常に多くのゲームをサポートしていることで知られています。ゲームの録画にも適していて、簡単に実況できちゃいます。

メリット:

サポートしているゲームが多い

基本無料

デメリット:

日本語未対応

Mac OS未対応

Radeon ReLive

AMD社の提供するグラフィックツールです。直感的な操作とシンプルな外観で多くのユーザーを獲得しています。最大の特長はセキュリティにも力を入れていること。画面を共有するときなど、安心して使用することができますね。

メリット:

高いセキュリティ性

日本語対応

デメリッ卜:

多くの機能は有料のPRO版でのみ利用できる

Bandicam

Bandicamは、WindowsPCの画面と音声を高品質でキャプチャーできるキャプチャーソフトです。ゲーム先進国韓国の企業が開発しており、日本語にも対応しています。無償で使用できますが、試用中は画面に透かしが入ります。リアルタイム描画機能や、自分のロゴを重ねて表示することができます。

メリット:

日本語対応

無償使用可能

デメリット:

Windowsのみ対応

無償版は機能制限あり

Gamecaster

人気のライブストリーミングソフトです。ゲーマー専用を謳っており、ゲーム実況に適した機能を備えています。PCゲームの実況に非常に適しており、ゲーム中に録画できる他、録画中のすべてのチャットやイベントをトレースすることができます。

メリット:

無料

ゲーム実況に最適化された機能

デメリット:

日本語非対応

Windows10のみサポート

Movavi Screen Recorder

無料版と有料版がありますが、無料版には透かしが入ります。また、この製品のユニークな点は、同社のソフトVideo Editor Plus(有料)を使用して、Screen Recorderで作製した録画データを使用して動画制作を行うことができる点です。また、ビデオ画面で描画できる他、ウェブカメラからキャプチャを行うこともできます。

メリット:

無料版あり

日本語対応

多機能

デメリット:

無料版は機能が制限されている

ゲーム録画には適していない

Xbox Game Bar

Microsoft製のユーティリティツールです。最大の特徴は簡単に使用できる点です。ゲーム中にWin+Gキーを押すだけで起動でき、画面の取り込みと共有ができます。また、Xbox 本体、モバイル、PC 間でのチャットなどのウィジェットに、すべてゲームを終了することなく簡単にアクセスできます。

メリット:

無料

日本語対応

最大10台にインストール可能

デメリット:

Windows10のみ対応

QuickTime

Apple社製のソフトウェアです。ゲーム関連のソフトウェアはWindowsにしか対応していないことが多いのですが、QuickTimeを使えばインターネットで配信するプロ品質のライブイベントを簡単に制作できます。

メリット:

無料

Mac OS対応

シンプル

デメリッ卜:

機能が少ない

QuickTIme Playerでは音声は録音できない

まとめ

動画キャプチャ、録画サービスを10選紹介いたしました。

キャプチャーソフトは有料・無料だけでなく、機能や対応ソフト、日本語対応の有無などソフトによって大きく差があります。

自分にあったソフトを見つけて楽しいゲーム実況ライフをおくりましょうね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。