AIアニメキャラメーカー│トップ10レビュー│2020

始めに

ネット上のAI(人工知能)サービスを利用してカストマイズのアニメキャラクタが作れると聞いたらどう思いますか?それでは、漫画やアニメなしで可愛いアニメ風の女の子を観ることができます。マウスで数回のクリックだけでそんなキャラの画像や写真やイラストを生成することできます。それに、自分の好みで調整できるし、無料で利用することもできます。今回はAIキャラメーカーのサービスや製品をまとめました。あなたのアニメキャラクターを作りましょう。

以下のサービスを利用して得たイラストの画質がイマイチだと思うなら、画像拡大の製品の記事を読んで品質が一層上の画像を作りましょう!

 

一、AI 関連編

 1Waifu Labs

概要

「Waifu Labs」とは、人工知能(AI)が自分の好みでアニメの美少女の画像を無料で生成するキャラメーカーです。マンガやアニメがすきな国外ファンは大好きなアニメキャラのことを、「Waifu」と呼びます。その「Waifu」は英語の「Wife」を日本語に訳した「ワイフ」のロマ字です。

好みについて四回の質問を答えると、自分のWaifuが決定されて表示されます。Waifuの画像下にある「Download this girl」をクリックすると、400ピクセル×400ピクセルのPNG形式で画像を保存することが可能です。

特徴:

  • 「Waifu Labs」は好みを絞ることで、オリジナルの「嫁」をAIが自動生成してくれるというサービスを提供します。
  • 大量のアニメのキャラの写真とプリセットがデータベースに保存されていますので、お気に入りの女性キャラクターをゲットできるチャンスは大きいです。
  • 生成されたワイフを印刷した枕を90ドルで、12インチ×12インチのポスターを25ドルで購入することができます。日本も配送先に含まれています。

2MakeGirls.moe

Img2. make-girls-moe
MakeGirls.moe

概要

「MakeGirls.moe」は、「髪の色」「目の色」「髪型」と「笑顔かどうか」「赤面しているかどうか」などを設定すると、人工知能が条件に合った美少女キャラクターを生成してくれるキャラメーカーです。非常に簡単に使うことができます。キャラを生成するためのいくつかの条件が表示されていますので、指定したあと、「Generate」のボタンを押せばいいです。生成した画像のサイズは256ピクセル×256ピクセルです。

特徴:

  • 「ノイズ(Noise)」という条件をランダムか固定かのどちらにすることができます。ランダムにすると毎回全く異なったキャラクターが生成されますが、固定にすると、毎回の生成したキャラクターは完全に同じです。
  • 髪色、髪型、目の色という条件の他、「赤面(Blush)」「笑顔(Smile)」「口を開けている(Open Mouth)」「帽子(Hat)」「リボン(Ribbon)」「メガネ(Glasses)」について「なし・ランダム・あり」から選ぶことができます。
  • モーフィングの機能がついています。最初のガールの画像と最後の女の子の画像と中間の画像の枚数を指定することで、最初の女の子が全く別の人になるまでの中間状態のイラストをコンピューターが補完してみせます。キャラクターを作る楽しさが増しています。
Img3. make-girls-moe example 2
MakeGirls.moe
  • 対応言語は日本語、英語、中国語、ロシア語の四つがあります。

3Crypko

Img4. crypko
Crypko

概要

CrypkoはGANという深層学習の技術を利用するアニメ風の顔画像を生成するキャラメーカーです。素人でもプロレベルのアニメキャラの画像を生成することができます。また、GANを通じて画像の特徴を学習することで、生成したイラストの間で円滑に変換することができます。キャラクターの完全自動の生成のみならず、使用者の好みや考えを反映させることができますので、直感で思いついたキャラのイメージを具象化させることができます。生成したキャラクターに自然な表情と円滑な動きをつけることができます。

特徴

  • AIの深層学習で高品質な画像の生成を実現しました。生成する画像の安定性・品質・多様性などが優れています。
  • Crypkoのコードはブロックチェーンから得られます。
  • 全部のCrypkoキャラクターに唯一のカードを配り、トークンとしてブロックチェーンに記録されているので、偽造・改ざんが不可能であり、重複したものは存在しないです。
  • Crypkoカードは仮想通貨の機能を担い、ユーザーは自分の作ったカードの所有権と版権を持っています。また、ユーザーたちは自由にカードの取引をすることができます。

4、彩ちゃん

Img5. sai-tyan
彩ちゃん

概要:

ラディウス・ファイブは、100万種類以上の多様な顔イラストをAIが描くサービス「彩(さい)ちゃん」を、同社の提供するAIツールのプラットフォーム「cre8tiveAI」上で提供開始した。ラディウス・ファイブは、ディープラーニングを用いた研究開発を行い、クリエイティブの現場で利用できるAIサービスの開発に取り組む企業です。今回リリースされた「彩ちゃん」は、ディープラーニングを用いてイラストの特徴を学習したAIです。彩ちゃんが学習した特徴からイラストを描き、オリジナルのイラストを生成できます。

特徴:

  • 通常、1枚のイラストを制作する場合、イラスト制作の修行を積んだイラストレーターが数時間〜数十時間をかけて制作を行います。彩ちゃんでは、1枚あたり1秒でイラストを描くことができます。
  • 100万種類以上のさまざまなテイストのイラストを生み出すことも可能です。アニメテイスト、美麗系、絵画風など、多様なイラストを生成できます。
  • ビジネスユース、個人ユース、APIによるシステム提供などのユースケースが想定されています。
  • キャラクターを生成するだけであれば無料で、キャラクターダウンロード時に上記料金が発生する形となります。月額無料のエントリープランは240円/1枚。サブスクリプションに加入すれば5クレジットで利用が可能で、40円〜120円で1枚購入できる計算になります。

5These Waifus Do Not Exist

Img6. these-waifus-do-not-exist
These-Waifus-Do-Not-Exist

概要

「These Waifus Do Not Exist」は、写真と判別不能なレベルの偽画像をAIが生成可能なアーキテクチャである「StyleGAN」を用いて生成した大量の美少女イラストをタイル状に並べて見せてくれるサイトです。サイトにアクセスすると、画面一杯に美少女イラストがタイル状に表示され、一定時間ごとにタイルが回転して画像が入れ替わります。

特徴:

  • 生成したイラストは必ずしも整った絵になるとは限りません。体の部分がややごまかされてたり、輪郭が溶けてたりするケースが多いです。
  • 画像をズラッと大量に並べて見せていて、また10秒ごとに切り替えるので、お気に入りのイラストガールは絶対に見つけられます。
  • 全画像をまとめたZIPファイルがMEGAにアップロードされているので、ちらっと見かけた女の子画像が気になるという場合は、その中から探すことも可能です。なお、ファイルサイズは2.05GBです。

6、Talking Head Anime from a Single Image

Img7. talking-head-anime-from-a-single-image
Talking-Head-Anime-from-a-Single-Image

概要

たった1枚の画像とカメラによる顔認識から、ディープニューラルネットワークでバーチャルYouTuber(VTuber)として自然な動きを可能にするシステムを、Google JapanのソフトウェアエンジニアであるPramook KhungurnさんがGithubで発表しています。例えば、とあるアニメキャラの立ち絵を読み込み、Khungurnさんがウェブカメラで撮影した映像で顔認識を行った結果を重ねると、Khungurnさんの首の傾きや口・目の動きに合わせて、立ち絵の顔や口が動くのがわかります。

特徴:

  • キャラクター画像を直接入力として受け取り、直感的にキャラクターを制御することが可能なので、使いやすいです。
  • フェイストラッカーとつなぐことで、1枚の絵がカメラで捉えた顔の動きを模倣して動くようになるというわけです。
  • VTuberやアニメーション制作のコストが大幅に削減できると述べています。
  • システムは2Dの立ち絵だけではなく、3Dモデルの画像にも応用可能だとのことです。

7、データグリッド

Img8. data-grid
Data-Grid

概要

データグリッドは「ユーザーの『好み』を認識して生成が可能なAIにまで、開発を進展させる」としているので、ユーザーに人気が出るであろうキャラクターデザインを提案してくれるコンサルタントなどが登場することになるのかもしれません。本開発プロジェクトにおいては、画像生成の精度を更に向上させつつ、ユーザーの「好み」を認識して生成が可能なAIを目指しています。AIこれから人々の生活をどう変えていくのか、AI映画を見て想像を馳せよう!

当社は今成功したのは架空のアイドルを自動生成可能なAIの開発です。ディープラーニングを応用したGAN(敵対的生成ネットワーク)という技術を用いることで、1024×1024という高解像度で架空のアイドルの顔画像を安定して生成することができるAIを開発した。AIにアイドルの顔写真を学習させることで、AIはアイドルの顔の特徴を捉えることが可能となり、これをもとに架空のアイドルの顔写真を生成できるようになっています。

Img9. data-grid
Data-Grid example 2

特徴:

  • このキャラクターや人物画像生成の技術を利用したいなら、当社ホームページから問合せする必要があり、個人ユーザーより法人やビジネスを支援し契約を結ぶB2Bの経営モードです。
  • クライアントと共に「AIで何をするか」という企画段階からスタートし、プロジェクトマネジメントから開発・運用まで一気通貫で行います。
  • 開発するAIや要求精度によって必要なデータ量は変わります。豊富なデータが有るに越したことはありませんが、データ量が少ない(数百データ程度)場合でも、解析手法を工夫することにより、AIの開発も可能です。
  • クリエイティブAIのようにコンテンツを生成するAIは当社の特化領域ではありますが、画像認識AIや時系列予測AIなどの他分野のAI開発も行っております。

 

二、非AI関連編

8Picrew

Img10. picrew
Picrew

概要

Picrew(ピクルー)は、「自分のイラストで画像メーカーが作れる」「作った画像メーカーで遊べる」 画像メーカープラットフォームです。クリエイターが制作した画像メーカーで、好きなアイテムを組み合わせて、画像やキャラクターを作ることができます。作成した画像は、ダウンロードしたり、SNSでみんなに見せて楽しみましょう。「自分の絵柄でキャラメーカーを作ってみたい」と思った方がいるでしょう。Picrewでは画像を登録するだけで、オリジナルの画像メーカーが制作できます。自分のイラストで、自分だけの画像メーカーを作ってみましょう。

特徴:

  • 服をきせかえるように、自由に画像を入れ替えて遊ぶことができる画像メーカーです。好きなアイテムを組み合わせて、自分だけの画像をつくることができます。
  • ランダムで画像を生成する画像メーカーです。うらないなどをして、遊ぶことができます。
  • Picrewでは画像を登録するだけで、オリジナルの画像メーカーが制作できます。

9、CHARAT

Img11. chart
CHART

概要

アバターは、自分の分身となる仮想キャラクターのことです。「アバタージェネレーター」と書きましたが、似顔絵メーカーとか着せ替えジェネレーターとかアバター作成サービスなどとも言われます。決まった呼び名は無いようですね。CHARATはそのひの可愛いアバターが作れる似顔絵メーカーとして、簡単な操作でオリジナルのキャラを作成できます!作った画像はSNSのプロフィール用アイコンなどに使えます。

特徴:

  • アバター作成、DRESSUP、ちびキャラメーカー、ねこメーカーと4種類の機能があります。
  • 高頭身の女の子が作れるサービスなどもあります。
  • プログラムの知識がなくても、画像をいくつかのレイヤーにすることができます。
  • パソコンがなくても、スマートフォンで簡単に操作できます。

10ZEPETO

Img12. zepeto
ZEPETO

概要

ZEPEは似顔絵・アバター・アイコン用画像作成のアプリで、iosのシステムだけで使えます。自分に似たアバターを作成し、着せ替えや交流を楽しめるアプリです。本アプリ内で自撮り写真を撮るだけでOKです。想像と違っていても自由にパーツを変えられます。他ユーザーと挨拶を交わすなどして交流しつつ、着せ替えや部屋の模様替えも楽しめれます。作ったキャラクターは自動でさまざまな動きを見せてくれるので、かなりリアルです。とても人間らしい挙動で、もう1人の自分が生き生きと映されます。

特徴:

  • 自分の顔からアバターを簡単作成。目や鼻など各パーツの手動変更もOK
  • 服を着せ替え、部屋をカスタマイズ。もう1つの居場所が出来上がります。
  • 他ユーザーとの交流要素もあり、他の部屋へ遊びに行って挨拶できます。
  • 作ったアバターでオリジナル絵文字も作成可能です。メッセージアプリでも活躍できます。

 

以上のサービスを利用して得たイラストがイマイチだと思うなら、画像拡大の製品の記事を読んで更なる画像を処理を試しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です