画像編集を本格的に実現できるAI Photo Enhancer│トップ10レビュー2020

 

一、 要約

休暇旅行から戻ってきたばかりで、撮影した写真を世界中の人と共有したいと思いませんか?もちろん、SNSで「アップロード」ボタンをクリックするだけで、写真の投稿が一瞬で済ませます。しかし、休暇の写真やあらゆるタイプの写真に対して事前に編集を行い、エフェクトを加え、並びにさまざまな強化をしておくと、さらに良い効果でアピールできるに違いありません。これがまさにAI画像編集ツールを使用する理由です。

ネットでは、多くの写真編集・補正ソフトが提供されており、それぞれに特徴があり、異なる機能が付属しています。自分のニーズに応じて適切なものを選出するのが決して容易なことではありません。この記事では、最もよく使用されている画像編集に使えるツールのトップ10を1つずつご紹介していきたいと思います。では早速、一緒に見てみましょう。

二、AI画像編集を本格的に実現!トップ10レビュー

1. Fotor

  • 対応端末:Windows、macOS、Linux(ブラウザ対応)
  • 価格:一部無料/月間8.99ドル、年間39.99ドル
  • 日本語対応:あり

画像編集

 

Fotor画像編集 オンラインを使用すると、完全無料かつ簡単に任意の画像に多彩な変更を加えることができます。Fotorは基本的な画像編集機能として、 サイズ変更、トリミング、回転などのさまざまな独自の機能を備えています。暗い場所で撮影した画像の解像度を改善したい場合や、旧型カメラで撮影した写真の画質を改善したい場合は、Fotorは強力なAI画像編集・加工ツールとして利用できます。強化したい画像や写真をアップロードして、目玉機能の「ワンタッチ補正」をクリックすると、Fotorが自動的に画像の明るさとコントラストを調整し、色を追加することで、写真を強化し、より魅力的なものにします。さらに、露出補正および色調補正を含む多くの機能により、ワンクリックだけで画像編集・強化し、写真の品質を向上させます。Photoshopの後継としてより手軽に利用できる次世代のAI画像編集・加工ツールと言えます。

 

2. Fotojet

  • 対応端末:Windows、macOS、Linux(ブラウザ対応)
  • 価格:一部無料/月間6.99ドル、年間39.99ドル
  • 日本語対応:なし

画像編集

FotoJetは、高品質のグラフィックデザインおよび写真コラージュを作成できるmac 画像編集・加工できるオンラインサービスです。FotoJetにはトリミング、サイズ変更、回転などの強力な編集ツールが含まれており、あなたの写真を数秒で見栄えよくすることができます。また、写真をテキスト、クリップアートイメージ、写真エフェクト、オーバーレイ、フレームなどで写真を修正することもできます。さらに、「自動補正」ボタンをクリックするだけです、オンラインで画像の画質を改善できますので、専門知識について詳しく知る必要は一切ありません。完璧なバランスを取るように写真の鈍い色を修正したり、シャープネスを調整したり、明るさを強化したい場合は、あなたの時間とエネルギーを節約する画像編集 オンラインツールであるFotoJetを試しましょう。

 

3. Befunky

  • 対応端末:Windows、macOS、Linux(ブラウザ対応)
  • 価格:一部無料/月間6.99ドル、年間59.88ドル
  • 日本語対応:なし

画像編集

Befunkyは、次世代のAI画像編集・補正サービスとして、写真に関する最も一般的な問題を解決できます。適応露光(HDR DLX)と呼ばれる技術により、同種の画像編集 ブラウザツールより上回るHDR効果を実現できます。HDR DLXは、画像を細かく分割し、各部分の明るさに基づいて微調整を行います。この技術により、写真をさらに鮮明に調整し、最適なコントラスト、シャープネス、色の強化が可能になります。時には、不適切なISO設定により、「ノイズ」で撮影した写真がザラつきだすことがあります。このノイズを除去するために、BefunkyはDenoise DLXを提供しています。この技術によって、写真を分析して、彩度と輝度の両方のノイズを検出および区別し、細部を失うことなくノイズのない美しい画像に修正することができます。さらに、エッジに沿ってコントラストを増加するという伝統的な方法とまったく異なり、Befunkyはコントラストと細部を高め、必要なエッジだけをスマートに強調することで、画像編集 パソコンで実現できます。

 

4. Wondershare – Fotophire Editing Toolkit

  • 対応端末:Windows、macOS、Linux(ソフトウェア対応)
  • 価格:一部無料/年間49.99ドル、ライフタイム79.99ドル
  • 日本語対応:あり

画像編集

Wondershareによって開発されたFotophire Editing Toolkitは、さまざまなモジュールに付属する本当に機能的で使いやすいWindows 画像編集ツールです。色補正、フィルター、コントラスト、ぼかし調整などを適用するツールを提供することにより、画像を編集および画像 リサイズを実現できるフォトエディターです。また、提供されているプリセットフィルタから選択し、好みに応じて画像を自動的に変更することもできます。さらに、写真から不要な部分を削除したり、クローンツールを使って同じ画像内で別の部分と置き換えしたり、さまざまな分野で活用できる機能が満載しています。Fotophireは間違いなく、最もユーザーフレンドリーなAI画像編集、補正プログラムの1つです。この優れたオプションが多数含まれているツールキットにはPhoto Editorとしての機能が限られているように思われ、これが写真編集の初心者がこのソフトを好む1つの理由かもしれません。

 

5. DXO-PhotoLab

  • 対応端末: Windows、macOS、Linux(ソフトウェア対応)
  • 価格:一部無料/ライフタイム129-199ドル
  • 日本語対応:あり

画像編集

DxO PhotoLabは、上級ユーザー向けのAI画像編集および拡張ツールです。つまり、画像の拡張および編集の経験が豊富なユーザーに適しています。ノイズリダクション、ノイズ除去、露出補正、コントラスト最適化などの多くの機能が提供されています。数回クリックするだけで、DxO PhotoLabで写真に適用できる事前定義プロファイルを使用することもできます。さらに、PhotoLabは写真の撮影に使用されるカメラとレンズの種類も検出し、ダウンロードした拡張機能を使用して写真を編集するために必要なものをダウンロードします。すべての拡張機能は、カメラが独自の写真処理エンジンに基づいてキャプチャしたプロファイルを使用することで、写真を修正および強化するのに最適です。

 

6. Photolemur

  • 対応端末:Windows、macOS、Linux(ブラウザ対応)
  • 価格:一部無料/バンドル35ドル
  • 日本語対応:なし

画像編集

Photolemurは、AIテクノロジーを使用して自動的に画像編集を行えるオンラインサービスです。アップロードした画像を分析し、失われた細部を復元し、照明と色を強調し、露出を修正します。Photolemurに搭載されたAIは、何百万枚の画像を学習することで、複雑な修正を即座に実行し、オリジナル画像をより素晴らしいものに自動的に変換します。 画像の編集経験がなくてもぜんぜん大丈夫です! Photolemurは、まったく新しい美顔テクノロジーの採用により、肌が自動的に滑らかになり、欠陥が取り除かれ、目が良くなり、歯が白くなります。効果的に写真とAI画像編集・加工することで、あなたの友人や家族をよりかっこよく美しく見えるようになります。

 

7. iPiccy

  • 対応端末: Windows、macOS、Linux(ブラウザ対応)
  • 価格:無料
  • 日本語対応:なし

画像編集

写真に対して修正が必要とする場合に備えて、画像編集が常に不可欠な作業です。幸いなことに、iPiccyはちょうどそのために開発された画像編集 フリーソフトです。写真を「強化」するためにさまざまなツールを使用すると、それが本当に必要なのか混乱に陥れてしまう可能性が高いのですが、すべての機能が同じ場所にまとまった場合は確実に有効に利用できます。画像強化は複数の異なる意味を持っており、損傷を綺麗にしたり、歯を白くしたい場合は「レタッチ補正」、写真の明るさや色調を修正したい場合は、「覆い焼き/焼き込み」ツールを使用する必要があります。iPiccyには、画像編集 無料、および画像を強化するために必要なツールがすべて揃っています。改善したい写真をアップロードすると、画像に対する調整や微調整がすぐに行えるようになります。

 

8. Letsenhance.io

  • 対応端末:Windows、macOS、Linux(ブラウザ対応)
  • 価格:一部無料/月間6.99ドル、年間51.96ドル
  • 日本語対応:なし

画像編集

Letsenhance.ioは、カメラ機材や撮影環境の制限でうまく撮れなかった写真も含め、すべての画像をビジネスなどに活用できるようにAI画像編集、加工できるオンラインサービスです。Photoshopなどの伝統的な画像加工ツールで拡大または加工した画像は常に不鮮明でぼやけたものになっています。一方、Letsenhance.ioは、Deep Convolutional Neural Networksに基づく最先端の画像超解像技術を採用しています。この技術が登場するまでは、品質を落とさず写真や画像のサイズを劇的に拡大することは不可能でした。ニューラルネットワークは毎日膨大な画像のデータセットでトレーニングされているため、物理的なオブジェクト(壁のレンガ、髪、肌など)の典型的な特徴を把握しています。そのため、アップロードされた画像をこの機能で認識し、世界中一般的な知識に基づいて画像中の欠落した詳細な部分を追加します。ちなみに、Letsenhance.ioによる高品質でタイムリーな作業を通じて、画像の品質を最大限に確保しながら、大きなキャンバスに印刷し展示することもできます。

 

9. Adobe Photoshop Lightroom

  • 対応端末:Windows、macOS、Linux(ブラウザ対応)
  • 価格:一部無料/月間9.99‐52.99ドル
  • 日本語対応:なし

画像編集

Adobe Photoshop Lightroomを使用すると、写真のコントラスト、シャープネス、色温度、鮮明度のバランスが簡単に調整できるようになります。あなたの写真をオシャレにするための最高の編集機能が揃っています。指先による簡単な操作だけで、プロ級の写真家と同じレベルの画像編集、修正、および最適化を実現できます。自動機能により、写真の内容をすばやく分析し、画像の調整を行うことで、即座に写真の露出や色の補正などが実現できます。Lightroomで画像を強化する機能は、新しい美学を試みる無限な可能性を提供しています。Lightroomは、非破壊的なフォトエディターとして、画像編集を行うとき、元の画像とは別に編集内容を保存し、すべての変更を完全に元に戻すことができますので、必要に応じて気の向くままにいつでも画像に変更を加えてみましょう。出力画像はJPGまたはPNG形式として保存できます。

 

10. Remini – photo enhancer

  • 対応端末: Android、iOS(アプリ対応)
  • 価格:一部無料/月間4.99ドル
  • 日本語対応:なし

画像編集

AI画像編集 アプリであるReminは2019年初めにリリースされて以来、わずか1年間でユーザー数が50万人を超えました。このアプリは、画像の画質を全体的に強化できる最先端の機能が備わっており、低解像度の画像を強化し、高精細に拡大することで、古い写真をすぐに新しい写真のように見せることができます。Android 画像編集と無傷拡大を行えるReminiを使用して、古い写真の価値を引き伸ばし、最大限に活用しましょう。せっかく友達と撮った写真にぼやけた部分があり、お宝物にするにはちょっぴり残念ですが、このアプリを利用すると、このような写真や画像をくっきり鮮明に蘇らせることができます。ただ画像をアプリにアップロードするだけで、スマホ 画像編集を数秒で高解像度の画像が生成されます。旧型カメラで撮った古い写真も今の技術による撮影された写真に負けない品質で生まれ変わります。

 

三、  最後に

私たちは皆、人生の最高の瞬間を捉え、写真に留まり、将来の思い出として保存できるようにしたがっています。また、スマートフォンの普及、特に便利なAI画像編集ツールの出現により、写真の撮影と共有が極めて簡単にできるようになりました。この記事では、画像編集と加工に役立つツールをたくさんご紹介しました。ぼやけた写真を無傷に拡大したり、画像をアート作品の様に仕上げて多彩な特殊効果を与えたい方は、ぜひ試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です